ちゃたログ

マルチリンガルだらけの不思議な多民族国家、マレーシア

このエントリーをはてなブックマークに追加

マレーシアは多民族国家で、おおざっぱにマレー系が6-7割、中華系が2-3割、インド系が1割弱という民族構成の国ですが、とても不思議な国だなと感じます。

 

ひとつめの不思議なポイントは言語です。

公用語はマレー語と定められていますが、イギリスに統治されていた関係で英語も準公用語に定めれており、多くの人が英語も話すことができます。さらに、中華系は中国語も話せます。中国語と一口にいっても、標準語である北京語と、出身地域の方言(例えば福建語や広東語)の両方を話せる人が多いようです。したがって、マレーシアの中華系の人は、マレー語、英語、北京語、出身地域方言の4つは話せるマルチリンガルなのです。これが特別というわけではなく、普通の人がそうだというのがすごいなと。小さい頃からそういう環境で育つことにより、いつのまにか身についているらしいです。例えば、買い物ではマレー語を使い、授業では英語を使い、友人との会話では北京語を使い、家では出身地域方言を使い、といった使い分けを小さな頃から自然とやっているのです。どういう頭の構造になっているんだろう。。

ただこれもいいことばかりではなく、デメリットもあるかと。日本人のように日本語しか話さない(話せない)民族は、反対にひとつの言語に対する理解が深いような気もするので、これはいいことでもありますね、きっと。

 

ふたつめの不思議なポイントは、マレー人がとても優遇されているということです。

マレーシアはマレー人の国家であり、マレー人保護のための政策があります。これはブミプトラ政策といって、過去に民族衝突などいろいろゴタゴタがあった結果として定められたようなのですが、マレー人がものすごく優遇されています。家や車を買うときの割引や、子供がいる家庭への補助金、公務員に優先的になれるなど、とにかく手厚い。

こんなに優遇されていると、残りの中華系やインド系の人たちが黙っていないような気もしますが、なんだかんだ国家としてやっていけています。

というのも、中華系の人たちは、最初から国の政策にはほとんど期待していないのです。国には頼れないからビジネスで自分の力で稼いでやる、という人が多いのです。したがって、外資系企業のビジネスマンや技術者など、いわゆるエリート層は8-9割が中華系の人です。また、自分で事業を起こす人も多いようです。

 

こういう背景があるため、民族間の交流というのもあまり多くないようなのですが、最近は(ごく一部を除き)目立った争いもなく、国家として安定して存続しているのがとても不思議に思えます。