ちゃたログ

CHATALOG

海外出張や海外ビジネス、キャリアなどを中心に書き綴る雑記ブログです

実は隠れたコーヒー・エスプレッソ大国、ドイツ

ヨーロッパはエスプレッソ文化が根付いていて、おいしいエスプレッソやカプチーノが飲めます。エスプレッソというとイタリア(あるいはフランス)のようなイメージが強いですが、実は隠れたエスプレッソ大国なのがドイツです。

ドイツでは、もちろんカフェもたくさんありますし、高速道路のパーキングエリアのようなところにも必ずエスプレッソの飲めるバールのような場所があります。しかもどこも美味しいのです!

また、レストランにも必ずエスプレッソマシーンは置いているようで、夕飯を食べた後にエスプレッソでしめる、みたいなこともフツーに行います。日本でいうところのアガリのお茶みたいなものでしょうか。

日本でも最近はエスプレッソやカプチーノが飲める場所がたくさんありますが、正直おいしくないお店も多いです。また、どちらかというとカフェの席代を払っているような価格設定で、気軽にサッと飲める単価設定ではない気がします。長居できなくてもいいので、ドイツのように美味しいエスプレッソを安価で提供するお店があれば、とても繁盛するのではないかと、勝手ながら思っています。

 

また、ドイツではエスプレッソだけでなく、レギュラーコーヒーの文化も根付いています。日本では聞き慣れないのですが、ドイツにはTchiboという有名なチェーン店があり、どの街にもほとんどお店があります。ここのコーヒーは若干酸味が強く、どちらかというと年配の方に好まれる味のようですが、今でもとても人気のお店です。日本でのドトールコーヒーのような立ち位置かもしれないです。

また、実はカフェというだけでなく、別のユニークな一面も持っているお店です。雑貨も販売しているのです。毎週、週替りで目玉の新商品が入荷されるというコンセプトの雑貨屋です。コーヒー飲みつつ雑貨もチラ見して、みたいな感じです。お店によってはとても広く、雑貨がメインで片隅でコーヒーを飲めます、みたいな店舗もあります。面白いですね。

 

というわけで、日本人にとってはあまりコーヒーのイメージがないドイツのコーヒー事情でした。