ちゃたログ

海外出張でのインターネット環境 - レンタルWi-Fiルーターの活用

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外出張のときのインターネット環境をどうやって確保するか、は重要なことです。

 

海外でインターネットする手段

その方法としては、

①レンタルWi-Fiルーターを持参する

②SIMフリー端末でテザリングする

③日本の携帯電話で海外パケホーダイなどを使用する

④ホテルや現地オフィスのWi-Fiや有線LANを使用する

⑤現地のカフェなどのWi-Fiを利用する

などが思いつきます。

 

どれを選択するかは、出張期間や頻度、どの国に主に行くか、などで変わってくるかとは思いますが、最も確実性が高いリーズナブルな選択肢は①のレンタルWi-Fiルーターだと思っています。

 

②のSIMフリー端末の使用は、安価で利用できるリーズナブルな選択肢ですが、2つ問題があります。


1つは現地でのSIMの調達が必要となること。最近は空港内にいくつもSIMショップがあり、到着後すぐに調達することが可能ですが、ピックアップに来てくれている場合などは購入の時間をつくるのが難しかったりもします。また、空港内で調達できなかった場合に、街でSIMショップを探すことが難しい場合も多いです。

もうひとつの問題は、SIMフリー端末を持たなければならないこと。普段使用している携帯電話をSIMフリー端末にする場合、現地でSIMを入れ替えることにより日本の電話番号が使用できなくなります。つまり普段の電話番号への着信ができなくなってしまいます。これは困るので、普段の携帯電話とは別にもう1台、SIMフリー端末を用意することになります。

 

③の日本の携帯電話で海外パケホーダイ、という選択肢についてはお金に余裕がある方には有力な選択肢となりますが、約2000円/日はボクには少し高すぎます。また、海外パケホーダイ対象外の通信業者に接続してしまっていた場合、予想もしない高額の請求がくるリスクもあるので、ちょっと怖いです。

 

④や⑤の選択肢については、移動時にまったくインターネットに接続できなくなることは避けたいので、候補となりえません。

 

 

さて、レンタルWi-Fiルーターについてですが、このサービスを提供している会社はいくつもあります。ボクが理解している限りでは、使い勝手のいい大手は2-3社かと思います。
基本的にウェブサイトで申し込み、出発時に空港で受け取り、帰国時に空港で返却、という流れです。空港での一手間を忘れなければ、特に難しいことはありません。

 

レンタルWi-Fiルーターを使う上で気をつけるべきこと

レンタルWi-Fiルーターを現地で使う上で、気をつけるべきことが2つあります。

1つは通信量の制限です。どこの会社も400MB/3日間などの通信量の上限を設定しています。

最近は会社によっては大容量プランというのも用意していますが。

いずれにしても制限を超過すると、一切の通信ができなくなってしまいます。

そして、それを解決する方法がありません、たとえお金を追加で払って解決しようとしても無理なのです。

したがって、制限を超過して通信制限をくらってしまうと、その後の滞在期間は一切そのルーターを使用できなくなってしまうのです。

これは痛すぎます。

特に気をつけたほうがいいことが、iphoneなどの自動バックアップ作業やフォトストリームの同期、Youtubeなどの閲覧でしょうか。日本では意識せず行っていることが、制限にひっかかる原因となりえるので注意して下さい。

 

もうひとつ気をつけるべきことは、バッテリーです。

このWi-Fiルーターですが、バッテリーが貧弱なものが多いです。

つけっぱなしにすると、3時間程度で電池切れになってしまうこともあります。

かといって、使うたびに電源オン/オフするのはかなり面倒くさい。

オプションでモバイルバッテリーを一緒にレンタルすることも可能ですが、容量が小さめなので、自分で用意することをおすすめします。

10,000mAh以上の大容量バッテリーであれば、気兼ねなく一日中つなぎっぱななしにしておけます。

 

最後に

海外、それも業務での出張となると、インターネット環境へのアクセスはとても大切ですよね。みなさん、リーズナブルかつ確実な方法としてレンタルWi-Fiルーターをご活用ください。