ちゃたログ

CHATALOG

海外出張や海外ビジネス、キャリアなどを中心に書き綴る雑記ブログです

海外出張時のスーツケース - 人気はドイツブランドのRIMOWA(リモワ)

海外出張にまず必要なものはスーツケースですね。

 

10年位前は、ナイロン生地なんかを使ったソフトタイプのスーツケースが主流でしたが、最近はハードタイプがメジャーになってきました。

 

おそらくその背景は、樹脂加工の技術が進化してきたことが関係しているかと思います。昔のハードタイプのスーツケースは、アルミニウム製などで高価なものが多かった印象ですが、最近のモノは樹脂であるポリカーボネート製などが目立ちます。樹脂製はアルミと比べて安価だということに加え、とても軽いということが大きなメリットです。軽くて丈夫、かつリーズナブルということで人気が出ているのだと思います。

 

その中でも最近、日本人ビジネスマンに圧倒的に支持されているのがRIMOWA(リモワ)です。ボクも愛用しているブランドです。

 

RIMOWAはドイツのブランドなのですが、特徴はそのデザイン。リブ加工が縦に入っているシンプルなデザインで、とてもオシャレです。スーツケースのことを何も知らなくても、見た目でかっこいいなと思うモノだと思います。

 

もともとはアルミニウム製のものが代表的な商品で、とっても高価で手が届かないような印象でしたが、それと比べると樹脂製のものはかなり安くてに入ります。

 

デザインだけでなく、もちろん丈夫で機能性も優れているRIMOWAですが、最も注目すべきポイントは修理対応です。正規品を購入すると5年間の品質保証がついており、無償で修理をしてもらえます。
ボクは普段買い物をするとき、品質保証とかはあまり気にしないタイプなのですが、スーツケースに関しては違います。とても重要なポイントなのです。


スーツケースは自分がいくら大切に扱っていても、飛行機の乗るときに預けてしまうと、どうしようもなくなります。日本の空港ではとても丁寧に扱ってもらえますが、海外の空港だと放り投げられるのがフツーです。したがって、壊れるリスクもとても高いのです。
現にボクも一度スーツケースを壊されましたが、無償で修理してもらえてとても助かりました。

 

ただし、この修理対応、日本で購入した正規品しか対応してもらえないので、海外での購入や並行輸入品の購入には注意が必要です。並行輸入品や、海外で購入すると、日本の定価より何割も安く購入できるのでとても魅力的なのですが、保証がつかない(かつ有償での修理も難しいようです)というのはちょっと問題ですね。。

 

 

そんなこんなで今はRIMOWAを愛用しているボクですが、もっと経済的に余裕が出てきたら、グローブ・トロッターというブランドのスーツケースがほしいなと思っています。このブランドのスーツケースだと、空港の係員の対応も違う、なんていう話も聞いたことがあります。憧れです。