ちゃたログ

CHATALOG

海外出張や海外ビジネス、キャリアなどを中心に書き綴る雑記ブログです

空港ラウンジとはなんぞや?

空港にはラウンジと呼ばれるスペースがあります。

ボクは仕事で海外に行くようになるまでまったく知らなかったのですが、上客向けに飲食ができるゆったりとした空間が用意されているのです。初めて入ったときは、上司がその権利を持っており、連れて行ってもらいました。
 
 
ラウンジは、おもに航空会社が運営するところとカード会社が運営するところがあります。
ボクが普段利用しているのは航空会社のラウンジなので、今日はその紹介をさせてもらいます。
 
 
航空会社のラウンジはファーストクラス向けとビジネスクラス向けにわかれています。またマイレージの上級会員は、エコノミークラスでも利用可能です。ボクはだいたいマイレージ上級会員として利用しています。
また、アライアンスを組んでいるグループの航空会社ラウンジについては、相互に利用可能になっています。例えば、スターアライアンスに加盟しているANAラウンジの利用権利があれば、スターアライアンスの別航空会社、たとえばユナイテッド航空のラウンジも利用可能です。
 
 
どのラウンジにも軽食と飲み物、雑誌や新聞などが置かれており、無料のWi-Fiが完備されています。ソファ席やPC用の席など、いろいろなスペースがあり、くつろいだり仕事に集中したりすることができます。
 
成田や羽田の日系航空会社のラウンジは、とくに食事が充実しています。JALのラウンジの場合は、かなりおいしいビュッフェをいただくことができますし、ANAのラウンジはおいしいそば・うどん・カレーを堪能できます。このそば・うどんがすごくおいしくて、スターアライアンス利用の際は必ず食べています。
また、海外の空港にもたまに日系航空会社のラウンジがあるのですが、そこでおにぎりなんかを食べられるととてもありがたいです。
 
 
ラウンジ利用のメリットは、無料で飲食ができることのほかに、ゆったりとしたスペースが確保できること、時間を有効に使えることです。
 
空港内の飲食店はごみごみしていて、いろいろな人がいます。カフェなどに入っても、必ずしも落ち着いたスペースを見つけられるとは限りませんが、ラウンジに入れば、人も少なくゆったりとしたスペースを確保することができます。出張で疲れている時、これは心理的にも肉体的にもとても助かります。
 
また『ラウンジが使える』ということがインプットされていると、空港でイミグレ・荷物検査を抜けたら自動的にラウンジに直行するようになります。慣れない空港でどこで時間を過ごそうか考えるまでもなく、まずラウンジはどこだ、となるわけです。これによって搭乗までの時間をとても有効的に使えるようになります。
また、海外のハブ空港などで長時間の乗継がある場合は、なお助かります。

 
ビジネスクラスラウンジは、リッチな人向けというよりは大多数がビジネスマンです。そんな出張頻度が多いビジネスマンにとっては、とてもありがたい空間です。今後もありがたく利用させていただきます。