ちゃたログ

マイレージ上級会員への道 - JALグローバルクラブやANAスーパーフライヤーズにどうやったら入れるか

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボクはJALANAそれぞれ、マイレージの上級会員になっています。
JALはグローバルクラブ、ANAはスーパーフライヤーズと呼ばれるステイタスです。
このステイタスにより、飛行機搭乗時にビジネスクラス並のさまざまなサービスを享受できます。例えば、先日ご紹介した空港ラウンジの利用や優先搭乗などです。空港ラウンジとはなんぞや? - ちゃたログ
 
 
この資格を得るためには、たくさん飛行機に乗る必要があります。
飛行機に乗るたびに、ポイント(FLY ONポイントやプレミアムポイントと呼ばれるもので、マイレージとは少し違います)が貯まりますが、このポイントの積算により資格を得ることができます。
 
通常、1年間の搭乗実績により、翌年のステイタスが決まります。ANAの例で言うと、30,000ポイントでブロンズ、50,000ポイントでプラチナ、100,000ポイントでダイヤモンドというステイタスとなります。ただし、これらのステイタスの有効期間は翌年1年のみですので、翌年あまり飛行機に乗らなかった場合には、翌々年はステイタスが消滅しています。
 
これを防ぐことができるのが、最初に挙げたスーパーフライヤーズやグローバルクラブと呼ばれる資格です。これは、ANAJALともに、年間50,000ポイントを達成した翌年中に、指定のクレジットカードに申し込むことにより得られる資格です。クレジットカードの年会費を払い続ける限り、たとえ飛行機にほとんど乗らなくなっても、搭乗時のサービスを受け続けることができます。
 
 
この年間50,000ポイントというのは、普通のビジネスマンにはちょっと大変なラインです。毎月のように海外出張に行く人や、長距離路線に年間3-4回搭乗する人であれば、達成しやすいかな、という感じです。
もちろんビジネスクラスに乗る人は簡単に達成できます。また、同じエコノミークラスでも料金により付与されるポイントが異なります。格安航空券は付与率が低かったりするのです。
 
ボクの場合は、毎月のようにアジア方面へ行き、米国などの長距離路線も2回ほど搭乗した年に達成しました。
なかには、海外出張はないのに東京-大阪間を毎週のように往復し、グローバルクラブに入会した、国内グローバルという強者なんかもいます。
 
 
出張の多いビジネスマンにとっては、とてもありがたいステイタスですので、一度取得するとなかなか手放せません。チャンスがありそうな人は、ぜひ1年間は同じ航空会社で頑張ってポイントを貯めて、資格取得を目指して下さいね。