ちゃたログ

意外と難しい!?米国のレストランでの英会話の心得

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外出張では英語で苦労することがよくありますが、意外と難しいのが食事中の英会話です。特に米国は難易度が高いと感じます。

 

食事中の会話というのは主に2つありまして、ひとつはウェイターとの会話、もうひとつは同席者との会話です。

 

ひとつめのウェイターとの会話ですが、特に米国で感じるのですが、これが一番難易度の高い英語ではないかと思うくらい、難しいです。

我々が席につくと、その席専門のウェイターがやってきて早口でまくしたてます。挨拶のあとにオススメの料理なんかを紹介してるのだと思いますが、ハッキリ言って何を言っているのかサッパリわかりません。マジ早いんです。

あまりにわからないので、あるとき同席した米国人に『何て言っているんだ?』と聞いたところ、『俺もよくわからない』と答えられました。ネイティブでもわかんないんかいっ、とビックリしましたね。それくらい早口なウェイターがいます。

今のは極端な例ですが、それにしても彼らと英会話のキャッチボールをするのはとても難しいです。米国はチップ文化なので、ウェイターはチップで生計を立てている部分があります。したがってとても一生懸命サービスをしようとしてくれるのです。これが積極的なマシンガントークとなって現れるので、日本人にとっては勘弁してくれって感じですが。

 

その中で少しだけ、ほんの少しだけ対策を立てられるポイントがあります。肉料理を頼むときによく聞かれる質問を抑えておくことです。ひとつは日本でも一般的ですが、焼き方を聞かれます。ミディアムとかレアとかですね。もうひとつ、よく聞かれるのがつけ合せです。フライドポテトとかマッシュポテトとか、そんなのですね。

 


さて、ウェイターとの会話が一段落して安心しているヒマはありません。なぜかというと、取引先の米国人との食事中の会話が待っているからです。

よくあるパターンは、昼間仕事の打合せをして夜はディナーをご一緒する、というパターンです。仕事の打合せの際に英語でやり取りしているので、問題ないと思いきや、食事中の英会話というのはまた一味違ってきます。

仕事での会話の場合、使用される単語も馴染みのある分野のものが多いですし、会話の流れもなんとなく読めるため、比較的カンタンです。しかし、食事中の会話は、話題がどこに飛んで行くかわかりません。仕事以外のトピックになると、意外と単語もわからず、話の流れを読むことも難しいのです。

 

その上、さらに米国人同士で盛り上がってしまうとどうしようもありません。ふだん米国人が日本人と話すときは、とても丁寧に話してくれるので大分わかりやすいのですが、これがネイティブ同士の会話になると、難易度がジャンプアップします。同じ英語か、と愕然とするほどです。。

 

このような食事中の会話をこなすために、ひとつ大切なことは、自分の得意なネタをいくつか用意しておくことです。このような話になった場合はこのエピソードを話す、というパターンをいくつか持っていると、自分のペースに持ち込めて話しやすいのです。

 


食事中の会話をストレスなくこなせるようになったら、英語圏での生活はまったく問題ないといえるのではないかと思います。それくらい難しいのです。
ボクもまだまだストレスかかりまくりなので、何とか少しずつ上達していきたいと思っています。