ちゃたログ

『かもめ食堂』の舞台、フィンランドのヘルシンキにはかもめ食堂が実在していました

このエントリーをはてなブックマークに追加

かもめ食堂』という映画はご存知でしょうか?

フィンランドヘルシンキが舞台で、ほのぼのとした雰囲気でとてもほっこりした映画です。

 

この映画を観た数年後に、たまたま出張でヘルシンキに行く機会がありました。
日本人にはあまり馴染みがない街だと思いますので、その印象を紹介したいと思います。

 

まず印象的なのが街中を走るトラムです。地下鉄がない代わりに路面電車であるトラムが発達しています。このトラムのデザインがかわいらしく、ヘルシンキの街を彩っています。
また、ヨーロッパの街らしく建物に趣きがあり、街全体がかもめ食堂の雰囲気と一致しています。

f:id:chata13:20150911220335j:plain

 

かもめ食堂というのは、日本人女性がヘルシンキかもめ食堂というカフェを開き、そのカフェが舞台となった話なのですが、ロケも実際にヘルシンキで行われました。実はこの舞台のお店が実存するのです。しかもかもめ食堂そのままの形で。

 

出張前にその情報を入手していたので、実際にヘルシンキかもめ食堂に足を運んでみました。
するとありました!まさにかもめ食堂が。

 

f:id:chata13:20150911220350j:plain

 

もちろん小林聡美はおらず、店員さんもフィンランドの方で、メニューも普通のカフェなのですが、かもめ食堂のポスターなんかは貼ってありました。

 

その他にも映画に出てきた有名な大きな本屋や、海沿いの市場など、印象的な場所が映画そのままに実在していました。

 

この映画を好きな方にはたまらない街だと思います。
そうでない方でも、雰囲気のよさが気にいる人もけっこう多いかなとも思います。

 

 

ひとつだけ残念だったのは、ボクの経験した限りでは外食事情があまりよくないところです。値段が高い割に味がイマイチ、という印象です。どうやらヘルシンキに限らず、北欧の方は外食はあまりせず、家でご飯を食べる習慣が強いため、レストランなどはそんなに充実していないようです。

 

ただ、それを補ってあまりあるくらい素敵な街ですので、機会があればぜひ足を運んでみることをオススメします!