ちゃたログ

CHATALOG

海外出張や海外ビジネス、キャリアなどを中心に書き綴る雑記ブログです

中国でLINEやFacebook、Gmail、Dropboxを超カンタンに見る方法 -VPN対応のWifiルーターを使ってみた

 

中国のインターネット規制

中国に行くとLINEやFacebook、Twitter、Gmail、Dropboxなどが使えません。
いわゆるグレートファイアウォール、中国政府によるインターネット規制ですね。
中国出張経験のある人ならみんな、このウォールの偉大さを実感しているでしょう。
そこで、中国出張族の多くが以下のような行動パターンをとります。
 
→ どうすりゃいいんだ、ってことでとりあえずググってみる
→ VPNとやらを構築すれば上記のようなサービスが使えるらしい
→ ネット情報を参考に、とにかく簡単な方法からVPNを試してみる
→ いくつか試して繋ぐこともできるようになるけども、どれもイマイチ安定しない
→ 日本と同様のネット環境は諦めて、中国滞在中は上記サービスを使わなくて済む方法を編み出す。たとえば微信(WeChat)など。
 
結局ボクも最低限の対策はとって、中国にいる間はグレートファイアウォールの範囲内で生きていくしかない、と諦めていました。
 

超カンタンな解決策 

しかし最近、めっちゃ便利なサービスがでてきたことに気が付きました!
それはVPN対応のレンタルWifiルーターです。
 
ボクが今回使ったのは、グローバルWifiの中国VPNプランというサービスです。いわゆるレンタルWifiルーターのVPNつきサービスですね。
 
 
結論としてはこのサービス、神です!神ってます。
いままで中国滞在中に困っていたのがなんだったんだ、って感じです。
調べてみると、各社2016年11月あたりから同様のプランを始めていたようです。
  

実際に使ってみた

そこで今回、中国出張の際に早速使ってみました。
使い方は超カンタン。
現地でルーターの電源を入れた後、端末側でちょこっと設定するだけです。
その設定方法も、レンタルルーターセットに説明書が同梱されており、それに従えばほぼ誰でもできるでしょう。
例えば、iPhoneの場合、『設定→一般→VPN→VPN構成を追加』の画面で、ルーターの説明書に記載されている内容を入力するだけです。
3分とかかりません。
 
これだけで、LINEもFacebookもGmailもまったく問題なく使えるようになりました!
感動的です。ついに、大きな壁(グレートファイアウォール)を乗り越えました。
 
ちなみにWindowsでも使いましたが、設定方法は同じくらいカンタンでした。
ひとつ注意点は、1アカウントで1デバイスを推奨しているため、PCとケータイの両方で同時に繋ぐということは基本的にできません。どちらかを使うたびに、もう片方のVPNをオフに変更する必要があります。ちょっとだけ面倒ですが大した手間ではありません。
 
そしてこのVPN、めっちゃ安定します。滞在中のほぼ全ての時間で接続できていました。以前は別のVPNサービスを使用していたのですが、かなりの頻度で接続できずイライラしていましたが、別格です。
この点が一番ビックリしました。
 

気になる料金は? 

料金的には、VPNなしの場合の価格に対して、+400円/日ほどです。
個人的には、ネット接続に対しての安心感を考えると安いものだと思います。
 
 
ちなみにグローバルWifiの場合、『中国大手キャリアと提携している正式なサービス』と謳っています。そのため、中国国内の法律で中国政府批判、個人を特定した批判等は禁止されているという注意喚起をしています。
ルーターのセットの中にも、くれぐれもこういうことはしないように、というような注意書きのペラが入っていました。
個人的な推測ですが、おそらくなにかしらの中国側との交渉の末、このような注意喚起をすることを条件に日本人向けにこのサービスを提供することを認められているのでは、と思います。
 

結論→超オススメ 

裏事情はよくわかりませんが、とにかくこれ、かなりオススメです。
中国に行く予定のある方、次回はぜひこのサービスを使ってみてください!
 
※2017年7月21日、最新対策をまとめました。便利な方法ですのでぜひご確認ください!
 
こちらの記事もどうぞ!