ちゃたログ

【2017年版】マツコも絶賛、コスパ最高そば!東京23区内の絶品立ち食いそば屋ベスト5

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

立ち食いそばっておじさんが行くお店でしょ?

立ち食いそば ー それはサラリーマンでにぎわうおじさんの聖地。そんなイメージを持っていました。
「うまい、安い、早い」ではないですが、ボクにとっては、時間がなくてどうしようもないとき、仕方なく入るというくらいの利用頻度でした。
そんな立ち食いそば店の3大有名チェーンといえば、「名代 富士そば」「小諸そば」「ゆで太郎」。
どこも価格の割においしくて満足するのですが、やっぱり本格的なそば屋とはちょっと違うなー、という印象でした。
かと言って、本格的なそば屋はどうもコスパが悪い。シンプルなもりそば1枚で600円やら700円やらします。しかも1枚じゃ腹が満たされません。天ぷらそばなんて頼んだら下手すりゃ1000円超えてしまいます。
 f:id:chata13:20170327165338j:plain
 

立ち食いそば業界の新勢力

そんなボクのそば屋に対する印象は、ある日から180度転換しました。
その日ボクは、あまり聞いたことのないあるお店に入ってみました。
そこはセルフ式・券売機システムでフツーの立ち食いそば屋かと思いましたが、そばの質がまったく違う。あまりのおいしさに衝撃を受けたのです。しかも価格は上記の有名チェーン店とほぼ同等レベル。
そばはいわゆる十割そばで、蕎麦の香りがしっかりとし、それでいて歯ごたえ・喉越しも素晴らしい。そんなお店でした。
しかも、いわゆるおじさんの聖地的な雰囲気はなく、見ようによってはちょっと小洒落た店内で、女性のお客さんもちらほらみえました。
『なんだこのそば屋は!』とショックを受けたボクは、それから東京都内のおいしそうな立ち食いそば屋を探し求めるようになったのです。
その結果、そば屋業界はここ数年、大きな変化が訪れていることがわかりました。
本当に美味しいそばを低価格で提供するお店がどんどん出てきていたのです。
今日はそんな衝撃的そば屋をランキング形式で紹介したいと思います!
 
本当におすすめしたいお店が今のところ5軒のみなので、ベスト5としました。
ちなみにすべて立ち食いとは限りません。むしろほとんどのお店は、セルフ式ではありますが、カウンターにイスがついています。
 
 

コスパ最高のそば屋ベスト5!

【5位】 さ竹

立ち食いそばの新潮流に気づかせてくれたお店です。
初めてこの店のそばを食べたときは衝撃でした。もりそばがわずか330円という低価格設定ながら、本格的な石臼挽きの十割そばが出てきたのです。そんじょそこらの(立ち食いでない)そば屋のそばに負けていません、いやむしろスタンダードなそば屋よりおいしいんじゃないか、というレベルです。
 
もりそば:330円
2017年3月現在の展開店舗:新宿、恵比寿
 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

 
 

【4位】 そばよし

このお店は他の3店とは異なり、新勢力ではなく歴史あるお店です。鰹節問屋が経営しているそば屋とのこと。あのタモリさんが絶賛したとも言われています。
ここの売りはそのダシ。さすが鰹節問屋、という化学調味料無添加の本格的なダシです。シンプルなもりそば、あるいはかけそばがオススメです。
もうひとつのオススメはごはん。並ライス150円、半ライス80円。ごはんを頼むと鰹節の粉を無料でつけてくれます。かけ放題です。これをご飯にかけて醤油をちょろっとたらすと、絶品おかかご飯のでき上がりです。
 
もりそば:320円
2017年3月現在の展開店舗:日本橋、神谷町
 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 神谷町駅御成門駅赤羽橋駅

 

【3位】 蕎麦たかね

このお店は、以前は「蕎麦まえだ」という名前でしたが、現在は「蕎麦たかね」という店名で営業しています。
ここも石臼挽きの十割そばです。
そば自体がかなり高レベルなのですが、それに加えて揚げ物も絶品です。オススメは天ぷらそばや天丼セットのかき揚げです。小ぶりのエビ、イカ、玉ねぎの存在感がしっかりとあり、揚げたてサクサクの天ぷらです。
もうひとつ、嬉しいポイントは生卵や温泉卵のトッピングが無料なところです。少し小ぶりですが卵が無料ってお得感がありますよね。
もりそば(ざるそば)1枚のお値段は他より少し高めですが、そのかわりボリュームもしっかりあるので、並盛りでも満足できちゃいます。
 
もりそば:420円
2017年3月現在の展開店舗:茅場町
 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 茅場町駅日本橋駅水天宮前駅

 

【2位】 いわもとQ

ここは鮮度にこだわっていて、そばもダシも天ぷらも、注文を受けてから調理を開始することを徹底しているそうです。そば自体もかなりおいしいですが、ここでぜひ食べてもらいたいのが天ぷらです。揚げたて天ぷらのクオリティはそこらの天ぷら屋にも引けを取らないくらいです。特に絶品なのがとり天。ジューシーなとりもも肉で、口に入れて噛んだ瞬間、ジュワーッと旨味がでてきます。そばじゃなくてこのとり天を食べに来たくなるくらいです。
 
もりそば:330円
2017年3月現在の展開店舗:池袋、高田馬場、歌舞伎町、神保町
 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 池袋駅要町駅

 
 

【1位】 嵯峨谷(サガタニ)

ここも石臼挽きの十割そばを売りにしたお店です。どうやらこちらが元祖のようです。
本格的な十割そばは、普通のそば屋でもなかなか出会えないほどのクオリティです。そばが本当においしいので、もりそば二枚もりをいってしまいます。
それともうひとつのおすすめメニューが小あじご飯です。そば屋のセットのご飯ものとは思えないくらい、いい味出しています。
 
もりそば:280円
2017年3月現在の展開店舗:神保町、池袋、渋谷、西新宿、歌舞伎町、浜松町、秋葉原、水道橋
 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 神保町駅竹橋駅新御茶ノ水駅

 
 

最後に

今回紹介したお店は、どこもボクが足繁く通う本当にオススメできるコスパ抜群のお店です。どこも甲乙つけがたく、それぞれいいところがあります。ぜひ足を運んでみて、ご自身の舌で確かめてみてください!