ちゃたログ

最新の進化系カプセルホテルは超快適。ー『ファーストキャビン』 に実際に泊まってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

カプセルホテルってちょっと不安

カプセルホテルって、終電をなくしたサラリーマンのおっさんが泊まるところ、っていう悪いイメージを持っていませんか?
まさにボクがそう思っていました。


新橋や歌舞伎町とかにあって、本当にカプセル型の寝床に入っていく、そんなイメージです。
立つこともできないような狭いカプセルの中で一晩を過ごすのはちょっとなー、と思っていて、今までは避けていました。

 

しかし、実は最近のカプセルホテルはかなり進化していて、イメージとはほど遠い洗練された場所になっていることがわかりました。

 

最近のカプセルホテル事情

最近のカプセルホテルは、もはやカプセルではありません。

『ファーストキャビン』『グランパーク・イン』『豪華カプセルホテル安心お宿』など、最新の進化系カプセルホテルは、従来のカプセルホテルのイメージとはかけはなれています。
施設が新しく、キレイで、オシャレで、飲食やPC作業ができるラウンジスペースがあって、フリーWifiが完備され、と至れり尽くせりなのです。

 

『ファーストキャビン』に実際に泊まってみた

今回はその中のひとつ、『ファーストキャビン』に実際に泊まってみました。

結論としては、超快適!

宿泊先として選んだのは、ファーストキャビン赤坂 です。

ファーストキャビンには2つの部屋タイプがあります。ファーストクラスとビジネスクラスです。
これは暗に従来のカプセルホテルをエコノミーと見立てて、それよりも上質であることをアピールしているのですね、秀逸なネーミングです。

ファーストクラスはベッドの横に立てるスペースがあり、スーツケースなどもらくらく置くことができます。
ビジネスクラスはほぼベッドのみのスペースで、横に荷物を入れる棚が付随しているような感じです。

 

料金としては、ボクが泊まった日で、ファーストクラスが6,300円/泊、ビジネスクラスが3,800円/泊でした。
せっかくなのでファーストクラスといきたかったですが、価格があまりにも違いすぎてもはやカプセルホテルの域を超越しているので、まずはビジネスクラスを試してみました。

 

ホテル内はどんな感じ?

今回は前もって予約をした上で宿泊しました。
ホテルのフロントは普通のビジネスホテルみたいです。特に変わったところはないですね。
予約済みということを伝えるとスムーズにチェックインできました。チェックイン時に個室スペースエリアに入るカードキーと、個室内のセキュリティボックスキーを渡されます。
このホテルには女性専用スペースもあるので、個室スペースエリアにカードキーが完備されているんですね。女性の方も安心です。

 

さて、エレベーターに乗って個室に向かいます。
エレベーターから降りた後、スペースが仕切られており、ここでカードキーが必要になります。
この入口を抜けた後が個室スペースになりますが、入口脇に洗面所とトイレのスペースがあります。

 

個室にはドアがなく鍵がかかりません。ロールカーテンによって仕切られるだけです。人によってはここがネックですかね。
したがって個室内の物音は多少聞こえてしまいます。ただ、ガヤガヤしているわけではなく、エリア内は全体的に静かでひっそりしています。

 

さあ個室内へ

個室入口のロールカーテンを開けると、ベッドがででーんとあります。フロアが見えるのは足元の靴を置くスペースくらいです。
ベッド脇の棚の上面が開くようになっており、中がセキュリティボックスになっています。ブリーフケースくらいであればこの中にスッポリ入れられます。
電源コンセント、ハンガーが完備されています。
着替えて寝るだけと考えれば十分なスペースですね。また天井が高いので、ベッドの上に立ってもまったく問題ありません。

 

共同スペースは?

洗面所・トイレは各階にあります。キレイに清掃されているので、まったく嫌な感じはありません。
風呂は大浴場があり、そこで湯船にも入れます。大浴場というほど広くはないですが数人一緒に入れるような感じです。
ラウンジスペースにはテーブルと椅子がたくさん置いてあるので、何か食べたり、PC作業をしたりと自由に使えます。無料Wifiもあります。
その他、自動販売機やコインランドリーなんかもありました。

 

実際に泊まって感じたメリット・デメリット

メリット

・従来のカプセルホテルよりも広い。ベッド上で立つことができるので着替えなども苦にならない。スーツなどをかけておくスペースもあり。
キレイ。不潔感は全くありません。
・作業スペースがある。ラウンジでPC作業ができます。
ビジネスホテルより圧倒的に安い。これが一番のポイントですね。

デメリット

・音が気になる。運が悪ければ他の個室からのいびきなども聞こえます。
・音を気にしないといけない。夜遅くや朝早くなど、個室内でゴソゴソとするのにもちょっと音を気にしてしまいます。
・個室での飲食ができない。
・目覚ましアラームが鳴らせない。禁止されています。ただし、モーニングコールのような、ホテルスタッフが起こしに来てくれるというサービスがあります。足元をたたいて小声で起こしてくれるというものです。

 

まとめ

結論としては、音さえ気にならなければ、非常に快適に過ごせます。
下手なビジネスホテルに泊まるより、よっぽどキレイで快適です。

普通の会社員の人は、出張なんかのときはホテル代が経費で落ちるかと思いますので、わざわざ泊まる必要はないかもしれません。


活用できるシーンとしては、自腹でホテル代を払わなければいけないが、コストをなるべく抑えたいという場合ですね。パッと思いつくのは以下のようなシーンでしょうか。

・飲み会などで終電を逃したとき。
・遅くまで残業せざるを得ないとき。
会食や飲み会で帰りが遅くなるが翌日の朝早いとき。
羽田空港で早朝便に乗るとき。ファーストキャビンは羽田空港ターミナル内にもあります。ちなみに羽田空港のホテルについてはこちらで記事にしています。

www.chata13.com

 

機会があれば一度試してみることをオススメします。

ファーストキャビン赤坂

 

それではまた!