ちゃたログ

MacBook 12インチ(2017年)にはSatechiのUSB-Cハブがベスト!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、MacBook 12インチ(2017年モデル)を購入しました。

WindowsからMacに乗り換え!MacBook 12インチ(2017年モデル)レビュー - ちゃたログ

このMacBook、めちゃくちゃ気に入っているのですが、ほぼ唯一の欠点は拡張性の乏しさです。
USB-Cポートがひとつしかないんです。

これを補うためには、USB-Cハブが必須となります。
そんなUSB-Cハブ、色々な製品があって迷っちゃいますよね。

そんな中、ボクが購入したSatechiのUSB-Cハブはかなりオススメです!


SatechiのUSB-Cハブの概要

ボクが購入したのはコレです。
Satechiというブランドのものです。

Satechi 充電用パススルー Type C 4k HDMI出力 カードリーダー USB3.0ポートx3 マルチハブ シルバー

仕様は以下の通り。

パススルー充電ポート,
3つの USB 3.0ポート,
SD / Micro SDカードスロット,
LANポート,
4K (30Hz)HDMIビデオ出力搭載

製品重量:91g
製品サイズ: 105 x 50 x 14mm
カラー:シルバー、ゴールド、スペースグレイ



ボクがUSB-Cハブに求める機能

ボクはUSB-Cハブを家でもオフィスでも使います。
ゆえに毎日取り外して持ち運ぶことが必要
となります。

また、必要とされる接続機器・シチュエーションは以下のとおりです。

1)家
USB-A 外付けHDD
USB-A Scansnap
電源ケーブル

2)オフィス
LANポート
HDMIポート
電源ケーブル

3)外出時
VGAポート
HDMIポート
USB-A フラッシュメモリ
電源ケーブル

営業活動において、客先でのプレゼンテーションをする必要があります。
客先のプロジェクターの接続環境はこちらで選ぶことができません。
ゆえに、VGAとHDMIポートの両方が必要
とされます。


これらのシチュエーションを想定した結果、ボクが必要とする機能は以下のとおりでした。

パススルー充電ポート
USB TypeAポート (2個以上)
LANポート
HDMIビデオ出力ポート
VGAポート


パススルー充電ポート、というのは聞き慣れない人もいるかもしれませんが、
MacBookを充電しながら各ポートが使える
ということでとても重要です。
この機能を持っていないハブは選択の対象外です。

残念ながらこれら全ての条件を満たす製品は存在しませんでした。
VGA、HDMI、LANの3つのポートを持っているものがないんです。

そこで妥協した結果、VGAポートは諦めることとしました。
これは自宅およびオフィスでは一切使用しないため、単品のアダプターを別途購入すれば済むと考えたからです。

VGAポートを妥協しても、それ以外の条件をすべて満たす製品はわずかでした。
その中でも比較的メーカーの評判がよく、品質を信頼できそうなSatechiのものを購入することとしました。

SatechiのUSB-Cハブを使ってみた

実際に1ヶ月以上使ってみました。


外観はこんな感じ。 f:id:chata13:20170731183857j:plain

ポート類はこんな感じ。
f:id:chata13:20170731183910j:plain f:id:chata13:20170731183909j:plain f:id:chata13:20170731183913j:plain

Macbook 12インチに接続したところ。
f:id:chata13:20170731183911j:plain


SatechiのUSB-Cハブのいい点

各ポート問題なく使える

各ポートを使ってみましたが、全く問題なく使えます。
粗悪品の場合は、早々に使えなくなることが多いようですが、とりあえず今のところ問題なしです。
充電しながらの使用も問題ありません。
しかもこのSatechi社、18ヶ月の品質保証をしています。
日本法人もあるようなので、そのあたりのサポートの安心感もあります。

軽い、小さい

重さたったの91gで、持った感触も軽いです。
大きさもiPhoneより一回り小さい程度で邪魔になりません。
カバンにさっと忍ばせるのにちょうどいいサイズ感です。


デザイン

デザイン・外観は素晴らしいですね。
Apple純正品のような質感で、Macbookの質感とほとんど見分けがつきません。
細かい所の仕上げも丁寧で、安っぽさはまったくありません。
Apple製品のような高級感があります。
Satechiのブランドロゴも控えめでいい感じです。

SatechiのUSB-Cハブの悪い点

熱くなる

使い始めると30分もたたないうちに、かなり熱を持ちます
手で触るとあったかいではなく熱いなー、という感じ。
でも熱くて触れないというレベルではありません。
うまく放熱しているとポジティブに考えれば特に気にする点ではないと思いますが、ちょっと気になります。


LANポートの抜き差しがしづらい

LANポートはLANケーブルを抜く際に、少し引っかかりやすく、丁寧に扱う必要があります。
ちょっとこれが手間だったため、結局今はLANポートを使っていません。
オフィスでLANケーブルに繋ぐ必要があるのですが、USB-Aアダプターをかませて、SatechiのUSB-Aポートに繋いでいます。
これのほうが抜き差しがしやすいので。。。

これだったらLANポート必要なかったじゃん、とも思えますが、LANポートがあるといざというときの安心感があります。
いまだにホテルのごく一部では、有線LANのインターネット接続しかない場合が、たまーにあるので。


価格

2017年7月31日現在で、9,773円。
まー結構なお値段です。
アクセサリーなんで、正直3,000円とかそんな価格帯でほしいです。
その価格帯の製品もなくはないのですが、機能がしょぼかったり、よくわからないメーカーのものだったりするので、手が出せません。

いきなり壊れても困るし、買い直すことリスクがあるくらいなら最初からきちんとしたモノを買ったほうがいいかなと思い購入しましたが、もっと安くなってほしいですね。



まとめ

結論としては、購入して満足しています。
他の製品にしておけばよかった〜、とは思いません。

現状、ボクの求める機能に対して、ベストな製品ではないかと思います。
MacBook用にUSB-Cハブをお探しの方、いい選択だと思いますよ。

それでは~。

こちらの記事もどうぞ! www.chata13.com