ブログ著者・ちゃたのプロフィールはこちら
ガジェット

【比較】クラウドSIMのモバイルWiFiルーターを徹底比較。実際どれが使えるか?

どーも、ちゃたです。
最近たまに耳にするようになった「クラウドSIM」。
海外に行く機会がある人にとってはとても便利なサービスです。

ただ、最近は複数の会社からさまざまなサービスが展開されていて、慣れないとその違いがわかりにくいです。

そこで、実際にクラウドSIMルーターを愛用しているボクが、各社のクラウドSIMサービスを比較してご紹介します。

 

クラウドSIMとは?クラウドSIMの仕組み

まず最初に、クラウドSIMというのはどんな仕組みなのか、簡単にご紹介します。

クラウドSIMとは、SIMの仕組みのひとつなのですが、従来の物理的なSIMカードとはまったく異なります。

クラウドSIMサーバーというサーバーにアクセスすることで、世界各国のSIM情報を読み込むという技術です。

そのため、海外の国に行ったとき、現地のSIMカードにいちいち差し替えたりする必要がありません。
1台のルーターで、SIMの入れ替えをせずに、世界各国の通信サービスを利用できちゃうんです。

この技術を保有しているのがuCloudlink社という会社のようで、この技術を応用した製品・サービスが各社によって展開されています。

技術的には、日本であろうが海外であろうが関係なく使えるクラウドSIM技術ですが、サービスとしては 以下の3タイプが展開されています。

1. 国内・海外の両方で使える
2. 海外のみで使える
3. 国内のみで使える

それぞれのタイプごとに紹介していきます。

 

国内・海外の両方で使えるクラウドSIM(端末購入タイプ)

まず、クラウドSIMの利点を最も活かしている、国内・海外の両方で使えるタイプのご紹介です。
これらは、端末を購入するサービスとなっています。

GLOCAL NET(グローカルネット)

まずはじめにGLOCAL NET(グローカルネット)というブランドを紹介します。
グローカルネットは、ボクも利用しているサービスですが、株式会社グローカルネットという企業が運営しています。
利用可能国は世界。次世代クラウドWiFi”GLOCAL NET”

最初に端末を購入します。
そして、月額基本料金のほかに、国内利用については月額固定料金を、海外利用については利用日数に応じた料金を支払う料金体系です。

月額基本料:400円
国内利用料:データ定額プランで980〜3,980円/月(無制限プランは3,980円)
海外利用料:300MBプランで780円/日
500MBプランで1,180円/日
1GBプランで1,580円/日
端末代金: 23,980円
契約期間: 2年間

端末は、「G3」というモデル。

このルーターの特徴は、5,350 mAhの大容量バッテリーを備えているところ。
連続使用時間が15時間と長いんです。

また、国内利用時には、docomoとSoftbankの電波のうち、最適な電波をつかむという仕組み。
1社の回線に限定されないのは心強いですね。

グローカルネットは、最も初期からクラウドSIMルーターのサービスを提供している会社です。

詳しいレビューはこちらの記事からどうぞ。

あわせて読みたい
海外WiFiルーター・グローカルネットを海外で実際に使ってみた。クラウドSIM最強。 *2018年1月4日、追記しました。 先日もご紹介したクラウドSIMルーターのグローカルネット(GLOCAL NET)ですが、今回初...
SIM交換不要バナー(936x120)

 

GWiFi

次は、BroadLine株式会社という会社が運営しているGWiFiというサービス。
こちらも最初に端末を購入します。
グローカルネットとの違いは、基本料が発生せず、契約での縛りもないこと。
自分の利用する分だけ、その都度ウェブ上でパケットデータを購入するというシステムです。

月額基本料:ゼロ円
国内利用料:データ定額プランで1,370〜3,685円/月
(100GBプランで3,685円/月)
海外利用料:500MBプランで680〜1,280円/日(国により料金が異なる)
端末代金: 19,434円
契約期間: なし

端末は「G3000」というモデル。
バッテリー容量は2,800mAhと小さめで、連続待受は8時間。
端末は公式サイト上では購入できず、Amazonなどから購入することが推奨されています。

LTEのカバーエリアは、SoftBankと同じになります。

 

Y!mobile

最近になって、大手キャリアのY!mobileもクラウドSIMを利用したサービスの提供を始めました。
【Y!mobile】Pocket WiFi 海外データ定額

月額基本料:3,980円(国内利用料含む)
国内利用料:上記月額基本料で7GBまで
(7GBを超えた場合は、500MBごとに500円の追加料金)
海外利用料:90円/日
(ただし、月の使用量は最大7GBまで)
端末代金: 37,800円
(ただし、3年間継続利用の月額割引で、実質端末料金が無料)
契約期間: 3年間
(月額+2,000円で期間の縛りがないプランもあり。)

端末は701UCというモデルです。
外観・スペックから判断すると、グローカルネットのG3と同様の端末のようです。

通信量の制限がネックではありますが、海外利用料金がとても安いサービスです。

Y!mobileについては、こちらの記事でより詳しく書いています。

あわせて読みたい
Y!mobileの海外用ルーターは安くて気軽に使える。「Pocket WiFi 海外データ定額」どーも、ちゃたです。 Y!mobile(ワイモバイル)から、海外で格安に利用できるモバイルルーターが登場していました。 クラウドSIM技...

 

世界Wi-Fi

もともとクラウドファンディングでクラウドSIM事業を始めたらしい世界Wi-Fi。

GLOCAL NETと似たようなサービスを提供していましたが、2018年7月現在、サービス提供体制に難がありそうです。
ホームページ上で確認できる情報は以下の通りなので、ちょっとおすすめできません。

・World Touchという端末が欠品となっている
・World Touchという端末の無償交換に対応している
・ほかに取扱製品が確認できない

 

国内・海外の両方で使えるクラウドSIMの比較

さて、これらの国内・海外の両方で使えるクラウドSIMの各社サービスを、項目ごとに比較してみます。
(世界Wi-Fiは上述の理由により省きます)

通信量制限

グローカルネット > GWiFi >  Y!mobile

制限なしのグローカルネットが最強です。
GWiFiもパケットデータの購入を繰り返せば実質制限はありませんが、手間がかかります。
Y!mobileは7GBという通信量制限がネックです。

料金

Y!mobile > GWiFi > グローカルネット

使い方にもよりますが、海外利用90円/日というY!mobileを1番としました。
GWiFiも使い方しだいで安く抑えられます。
グローカルネットは他2社よりは高いですが、国内海外兼用と考えればリーズナブルな料金です。

クラウドSIMサービスの実績

グローカルネット > GWiFi >  Y!mobile

国内サービスの実績が一番長いのがグローカルネット。
Y!mobileの場合、クラウドSIMに限って言うと2018年4月からなのでまだ始まったばかりです。

サポート体制

Y!mobile > グローカルネット > GWiFi

大手ということでY!mobileを1番にしました。(賛否両論あるかも)
グローカルネットも、実際サポートに色々尋ねたことがありますが、対応はよかったです。

端末のバッテリー持ち

グローカルネット =  Y!mobile > GWiFi

グローカルネットとY!mobileはほぼ同じ端末で、1日余裕で持つバッテリー容量です。
GWiFiの2,800mAhは、連続使用には心もとないかな。

以上、総合的に判断して、ボクが最も安心してオススメできるサービスはグローカルネットです。
実際に自分で使っているというのもありますが。

ボクはグローカルネットを1年以上、ほぼ毎日使っていますが、国内でも海外でも、これまで通信トラブルにあったことはありません。
安定して使えてます。

グローカルネット公式サイトをチェック

 

 

海外のみで使えるクラウドSIM(端末レンタルタイプ)

次に、海外のみで利用できるクラウドSIMサービスも紹介します。
これらのサービスは、端末はレンタルとなっています。

レンタルタイプにも2種類あります。

1. 海外渡航時にだけレンタルして利用するもの
2. 月額料金を払い、常時借りっぱなしで利用するもの

 

jetfi(ジェットファイ)

まず、海外渡航時にだけレンタルして利用するタイプです。
jetfiというブランドのサービスがあります。
jetfiの海外WiFiレンタル

利用シーンは限られますが、複数国を周る海外出張や旅行のときに使えますね。
国によって異なるルーターではなく、1つのルーターで使い回せますので荷物が少なくできるし、管理も簡単です。

アジア周遊680円/日〜
世界周遊980円/日〜

といった料金体制です。
出張や旅行のときにピンポイントで使えればいい、という人には最適かなと。

 

グローバルWiFiクラウド

おもに法人利用を想定したサービスです。
クラウドSIM対応ルーターをレンタルしっぱなしでオフィスに常備しておき、海外出張の際にオフィスからそのルーターを持参するという使い方です。
クラウドSIMなので、渡航先に関係なく1つのルーターを使い回せます。

 

エクスコムクラウド

エクスコムクラウドも、グローバルWiFiクラウドと同様のレンタルしっぱなしで常備しておくタイプのサービスです。
こちらは日本国内での使用もできるようです。

グローバルWiFiクラウドおよびエクスコムクラウドについては、法人向けがメインのサービスなので、詳細の記載はやめておきます。

 

 

国内のみで使えるクラウドSIM

最後に、国内でのみ使える、という異色のクラウドSIMサービスも紹介します。
クラウドSIMなのに海外で使わない、不思議ですね。

NOZOMI WiFi

NOZOMI WiFiは、国内のみ利用できるレンタルWiFiサービスです。
NOZOMI WiFiのサービスの中でも、クラウドSIM技術は、無制限プランのみに適用されています。

クラウドSIMルーターを採用することで、大容量の通信を行った際、通信キャリアによる速度規制がかかる前に接続SIMを切り替える、このことによって速度制限を回避するという仕組みのようです。
クラウドSIMの特性をうまく利用してるんですね。

そのため格安で通信量無制限というサービスを実現しています。

無制限プランで月額使用料4,480円と、リーズナブルな価格設定で人気のサービスになっています。

速度制限なし・容量無制限の格安レンタルWiFi「NOZOMI Wi-Fi」

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

モバイル環境を重視するあなたには、国内限定のNOZOMI WiFiも面白いサービスかもしれません。

海外によく行くあなたには、やっぱり海外・国内の両方で使えるタイプがおすすめです。

ワークスタイル・ライフスタイルに合わせて、使いやすいサービスを選んでみてください。

それでは~。

 

利用可能国は世界。次世代クラウドWiFi”GLOCAL NET”
SIM交換不要バナー(936x120)

【Y!mobile】Pocket WiFi 海外データ定額