ブログ著者・ちゃたのプロフィールはこちら
その他

NIKE フリーラン フライニット 2018 を初心者ランナーが履いてみたレビュー

どーも、ちゃたです。
先日、NIKE フリーラン フライニットの2018年モデルを買いました。

ナイキ フリー ラン フライニット 2018


これを履いて早速走ってみたところ、メチャクチャ履き心地がいい!

ってことで、みなさんに知ってもらいたいので、早速レビューを書きます。

 

NIKE フリーラン フライニットを買った背景

NIKE フリーラン フライニットを買ったのには、次のような背景があります。

フォアフット走法に変更した

最近、
『ランニングする前に読む本 最短で結果を出す化学的トレーニング(田中宏暁)』
という本を読んだんです。

この本により、今までの自分の走り方が間違っていたんじゃないかと気付かされました。

具体的には、かかと着地で走ることは膝などへの負担が大きいので、長時間ムリなく走るにはつま先つけ根からの着地で走るべき、ということです。

 

「フォアフット走法」という走り方ですね。

今でこそ広く普及している走り方ですけど、全然知らなかったボクは、カルチャーショックを受けて早速走り方の改善をしています。

そして、フォーム改善にともない、合わせてシューズも適したものが欲しい
と思うようになったんですね。

 

今までのランニングシューズが重すぎた

これまで履いていたランニングシューズは、ニューバランスのもの。
5年くらい前に買ってモデル名も覚えていないんですけど、かなり重いシューズでした。

当時は、初心者ランナーは足を痛めやすいのでクッション性が高いシューズでないとダメ、と思い込んでいたので、クッション性を重視して選んだんです。

しかし、上記の『ランニングする前に読む本』では、初心者でも高いクッション性は必要ないという見解。
そもそもかかと着地をしなければ、足腰に負担がかからないので、シューズにクッション性は求めないという考えです。

むしろ、裸足感覚で走れるシューズを推奨しています。

このように、フォアフット走法に変更したことで、それに適した裸足感覚に近いシューズを探すようになりました。

 

 

NIKE フリーラン フライニットとは?

そこで出会ったのが、NIKE フリーラン フライニット です。

NIKEでは、ここ数年フライニット というシリーズの超軽量シューズを展開しています。

NIKE FLYKNITとは?
全体にポリエステル糸を使い、精密なニット構造加工を施したNike Flyknitは、超軽量で足にぴったりフィットする、シームレスなシューズアッパーです。

あとで説明しますが、ポイントは、
超軽量で足にぴったりフィットする
という点です。

このフライニット シリーズの中から、そこそこリーズナブルで機能も高く、かつデザインの好きなものを選んでいき、たどり着いたのがNIKE フリーラン フライニットです。

 

NIKE フリーラン フライニットのいいところ

では、このNIKE フリーラン フライニット、どんな点がいいのでしょうか?
実際に履いて走ってみた経験をベースに記載します。

 

ソックスのような履き心地

まず、なんといっても履き心地が衝撃的です。

これまでのランニングシューズのイメージとはまったく違います。

シューズの足を入れる口のところに伸縮性を持たせており、肉厚がかなり薄くなっています。

これにより、足首部分のフィット感がすごくいい。
素足で履いても靴下のようにフィットするんです。

 

 

シューズのアッパー全体がこのフライニット 製法でできているので、やわらかくて伸び縮みする感じです。

そのためくるぶし周り以外も、自分の足に吸い付くようにフィットします。
それなのに、他の靴のようにきつく締め付けられる感じがない。

こんな感覚、初めてでした。

 

ソールがグニャグニャやわらかい

ただ軽くてフィット感がいい、というだけではありません。

ソールの形状や素材にもこだわっていて、すごく柔軟性があります。
足に追従してグニャッと曲がるので、より足にフィットする感じ。

このソールのグニャグニャ感も履きやすさの大切な要素になってます。

ちなみにソールのクッション性もある程度はあります。

 

出張にも持っていきやすい

ここからは履き心地とは別の話です。

このNIKE フリーラン フライニット、軽くて曲がりやすいので、出張のお供にも最適です。

普通のランニングシューズを出張に持っていこうとすると、スーツケースの中でかなりの容積を占めてしまいます。
でもNIKE フリーラン フライニットであれば、かかともアッパーもかなりつぶせるので、コンパクトに収納できます。

出張や旅先でちょっと走る、そんな使い方にもってこいのシューズです。

 

デザイン

そして、ボクが気に入った最初の理由は、実はデザイン。

ランニングシューズって妙に派手だったり、やたらゴテゴテしてたりっていうデザインが多いですよね。

その点、NIKE フリーラン フライニットはかなりシンプルなデザイン。
色使いも少なくてスッキリしてます。

ジョギング用にピンポイントで使うなら赤がかっこいいなと思いましたが、最終的に買ったのはネイビーです。

このシンプルなデザインであれば、街中で履いても全然違和感ありません。
街中で履くことを想定して、落ち着いた色合いのネイビーにしました。

ちょっと近所に出かけるとき、子どもと公園に行くとき、靴下なしですぐに履けるってのが気に入ってます。

 

 

NIKE フリーラン フライニットを買う上で気をつけるべきポイント

サイズ感は細身

サイズ感はNIKE全般に言えることですが、細身に作られています。

ですので、他のブランドのシューズより0.5cm程度大きめの方が合う人が多そうです。

 

素足で履くか、靴下ありで履くか

NIKE フリーラン フライニットは素足で履いても走れます。
春夏は、素足で履いたほうが気持ちいいなと思います。

ただし、秋冬になって冷えてくると、メッシュで風を通すのでちょっと厳しいかも。

靴下ありで履くとなると、少しフィット感が変わってしまいます。

靴下ありなしでサイズ感が変わることも想定してサイズ選択をするといいと思います。

 

 

最後に

NIKE フリーラン フライニット、履いてみるまでその良さを知りませんでしたが、履き心地にとても満足しています。

今のランニングシューズに不満がある方、買い換えを考えてる方、ぜひ候補として検討してみてください!

ちなみに、NIKEの靴はABC MARTとかでも買えますけど、公式オンラインサイトでの購入がオススメです。

返品とかサイズ交換が無料で、しかも手続きが簡単。
最初から返送用伝票(しかも着払い)が入っていて、返送時の手間やコストをミニマムにしてくれてます。

サイズ交換の手続きについて心配いらないので、ボクは試着せずにオンラインサイトで買っちゃいました。

 

ナイキ フリー ラン フライニット 2018

ABC-MARTオンラインストアでNIKEシューズをチェック