出張旅行術

海外出張時の服装はジャケパン+バックパックで決まり ースーツでなくジャケパンにするべき4つの理由

海外出張時の服装の定番というと、ジャケパンスタイルです。
ここ数年、日本のビジネスシーンでもジャケパンが一般的になりつつありますが、海外出張族の間では既にド定番化していると言っても過言ではないでしょう。
成田空港ではジャケパンスタイルのビジネスマンばかりです。

出張時はジャケパンにするべき4つの理由

なぜ出張の際はジャケパンなのか?その理由を考えてみました。

1. コーディネートが簡単

これはとても大きな理由です。
1週間程度の出張に上着を何枚も持って行きたくはありませんが、パンツ1本という訳にも行きません。
上着1枚+パンツ2,3本というのがベストな組み合わせになります。
そのときに上着をジャケットにしておけば、複数のパンツを簡単に合わせることができます

2. オン・オフともに使える

パンツがスラックス系だけに限定されません。
例えば、行き帰りの飛行機はチノパンやデニムパンツにしてリラックスモードにしてもまったく違和感ありません
ラクチンです。
逆に、ジャケット+スラックスにネクタイをしておけば、大概のシーンで失礼にはなりませんのでオンでも問題なく対応できます。

3. 体温調節がカンタン

これはマイナーな理由かもしれませんが、出張中って暑いところに行ったり寒いところに行ったり、結構温度差が激しいことがあります。
そのときジャケットを脱ぎ着することで体温調整ができるので重宝します。

4. ちょっとお洒落で、デキるビジネスマンっぽい

これは人それぞれかと思いますが、ジャケパンスタイルって何となく様になるという感じがあり、楽にかっこよく決まると自分では思っています。
おそらくみなさん、上記のような理由で自然とジャケパンスタイルに落ち着いていくのだと思います。

ジャケパンのおすすめコーディネート

そしてジャケパンスタイルの定番コーティネートは、なんといっても紺ブレ+グレーパンツでしょう。
最強の組み合わせです。
紺のジャケットにしておけば、グレー系のパンツであればカンタンにコーディネートできます。
フォーマルな場では濃いチャコールグレーパンツを合わせ、カジュアルな場ではライトグレーを合わせる、といった応用もききます。
これが例えば、ライトグレーのジャケットなんかだと、自然と合うパンツは限られてきてしまいますし、ちょっと間違えるとダサい組み合わせもしてしまいます。

ジャケパンにピッタリな鞄は?

ボクの場合は、このようなジャケパンコーディネートに、リュックにできるナイロンブリーフケースが定番スタイルです。
普段はレザーブリーフケースを愛用していますが、海外では多少汚れても構わないナイロン製を使うようにしています。そして機動力の高いバックパックスタイルがとても便利です。

バックパックについて書いた記事がありますので、こちらもご覧ください。

海外出張時の服装はジャケパン+バックパックで決まり ースーツでなくジャケパンにするべき4つの理由

スーツにリュックはあり or なし? 超オススメのかっこいいバックパックを紹介します

ナイロン系のブリーフケースで出張族の定番といえばTUMIですが、少しオッサンくさい感じもあるので、ちょっと小洒落たBRIEFINGを使っています。
ちなみに、下記のオフィシャルサイトのほうが色々なモデルがあり、オススメです!


海外出張時の服装について迷っている方に、少しでも参考になればと思います。それではまた!

利用可能国は世界。次世代クラウドWiFi”GLOCAL NET”

SIM交換不要バナー(320x120)
海外ビジネスにおける靴については、こちらの記事もどうぞ!
海外ビジネスにおける革靴の基本ルール 形や色はどうすればいい?