ガジェット

『Bear』は複数デバイスでのブログ執筆に最適なテキストエディタアプリ

どーも、ちゃたです。
ブログを書くのに使うテキストエディタアプリ、色々あって迷いますよね。

ボクもいくつか試しましたが、その中で快適に使えて、かつコストパフォーマンスの高いアプリが『Bear』でした。

今日は、ブログ執筆に最適なテキストエディタ『Bear』について、ご紹介します。

 

テキストエディタアプリでやりたいこと

どのテキストエディタがいいかといっても、やりたいことや使い方次第です。

複数デバイスでのブログ執筆

ボクのやりたいことは、複数デバイスでの快適なブログ執筆です。
主には、MacとiPhoneですが、ときどきiPadも使います。

サラリーマンとの兼業ブロガーとしては、スキマ時間をいかに活用するかが大切です。

スキマ時間にサクッと書いて、あとで時間のあるときにパソコンで続きを書く
みたいなことをやりたい訳です。

これには、マルチデバイス対応かつデバイス間での間での同期がスムーズである必要があります。

WordPress への投稿機能は必要なし

ボクはWordPressでブログ運営しているので、WordPressへの投稿機能までついていると便利です。
でもこのポイントの優先順位は低い。

ブラウザ上のWordPressからの投稿や編集でも特に不自由は感じてないので。

とにかく、最優先ポイントは、マルチデバイス対応です。

その点、『Bear』は最高のアプリでした。

 

他のテキストエディタアプリとの比較

今回、『Bear』を導入するにあたって、もちろん他のアプリとも比較検討しました。

iAWritter

これまで使っていたのはiAWritter。

iAWritterは、書くことに特化していて、「いかに効率よく入力できるか」がよく考えられたアプリです。

iPhoneのアプリの操作性が抜群です。
(アップデートにより、改悪されてしまいましたが)

有料の買い切りアプリなので、最初はお試しとして、iPhoneのみで使っていました。

そしてMacでの執筆は、Macdownという別アプリを併用。
アプリ間でのやり取りには特に問題ありませんでした。

ただし、最近iAWritterの同期機能の挙動に問題が頻発。

ファイルはDropboxに格納しておいて、Dropbox経由で同期するようにしていたんですけど、リアルタイムで同期されないことがしばしば。

さらにはiPhoneのiAWritterで編集していた内容が、iAWritter上でも消えてしまうという問題も起きました。

以前は安定していた気がするので、おそらくアップデートによって起こった不具合ではないかと思いますが、この不安定さは困ります。

ということで、代わりのテキストエディタを探してたという背景です。

MarsEdit

MarsEditは有名アプリ。
ブログへの投稿機能もあり、機能が充実してます。

ボクの尊敬するブロガーさんも愛用しているようです。
おそらく、パソコンからの執筆がメインであれば最高のアプリなんでしょう。

しかし最大の問題はiPhoneアプリがないこと。

移動中のスキマ時間に書きたいボクとしては、選択肢に入れられません。

Ulysees

Ulyseesも超有名アプリ。
ブログ執筆用のテキストエディタアプリを検索すると、鉄板アプリとして紹介されてます。

iPhoneやiPad、Macなどの複数デバイスにもキッチリ対応しており、機能も充実。

ほぼ欠点がないんじゃないでしょうか。

コスト以外は。

Ulyseesはサブスクリプション(月額)制で、次のような料金です。

月額550円または年額4,400円
Mac版・iOS版を利用可能

めちゃくちゃ高いという訳ではないんですが、ただブログを書くためだけにこの料金。
しかも買い切りではなく、月額制でずっと払う必要がある。

ちょっと考えてしまいます。

ボクの場合、正直ブログの更新頻度が大して高くないので、この料金を払うほどではありません。

絶対使いやすいんでしょうけど、現時点では我慢しておきました。

 

『Bear』のいいところ

主に上に挙げたアプリを比較検討して、最終的に『Bear』を選んだわけですが、『Bear』のいいところは次の通りです。

複数デバイス間での同期がスムーズ

これ重要。
『Bear』は複数デバイス間での同期がとても速くて正確。
一瞬で同期されてます。
ストレスフリーです。

2週間くらい使ってますけど、同期のエラーや遅延は全くなく、安定しています。

必要十分な機能

『Bear』は、ブログ執筆用のテキストエディタとしては十分な機能があります。

もちろんMarkdown方式にも対応してます。
Markdown方式でありながら、キーボードショートカットやボタンでの装飾にも対応。

快適にスピーディーに文書が書けます。

 

リーズナブルなコスト

Ulyseesと比べて『Bear』の大きなアドバンテージがコストです。

基本は無料で使えます。

ただし、複数デバイス間での同期や、クラウドバックアップを利用するには有償版にする必要があります。

有償版の料金は次の通り。

月額150円または年額1,500円
Mac版・iOS版を利用可能

Ulyseesと比べると激安です。
しばらくお試しに使ってみるのにも負担のない料金ですね。

 

 

最後に

MacでもiPhoneでもiPadでも、ストレスなくシームレスにブログを書きたい、
でもそんなにお金はかけたくない、

そんな要望にマッチするアプリが『Bear』です。

ユーザーインターフェースも洗練されていて、使っていて気持ちのいいアプリでもあります。

Markdown対応のいいテキストエディタアプリを探している方、一度試してみてはいかがでしょうか。

それでは〜。