ブログ著者・ちゃたのプロフィールはこちら
ガジェット

無制限ポケットWiFi 6社を徹底比較。使い方に合った最適な選択はコレ。

どーも、ちゃた(@chatalog13)です。
ポケットWiFiといえばWiMAXやY!mobileが有名ですが、これら大手のサービスが必ずしもいいとは言い切れません。

「契約期間の縛りがあったり」
「月額料金が高かったり」
「通信量の制限があったり」
「繋がらないエリアがあったり」

最近はこれら大手のポケットWiFi以外にも、特徴のある魅力的なポケットWiFiサービスが出てきています。

でも大手以外のサービスと聞くと、ちょっと不安があるし、どれを選んでいいかわかりませんよね。

 

そこで今回は、1ユーザーとして、大手以外のポケットWiFiについて、メリット・デメリットを徹底比較しました。

次のような人に参考になると思います。

・自宅で固定回線の代わりにポケットWiFiを使いたい人
・モバイル環境でバリバリ仕事をする人
・契約期間の縛りがないポケットWiFiを探している人
・WiMAXよりいいポケットWiFiを探している人

 

比較対象は次の6サービスです。

グローカルネット
NOZOMI WIFI
FUJI Wifi
SAKURAWifi
SPACE Wi-Fi
NEXTmobile

これらの特徴を比較して、あなたの使い方に合わせた最適なサービスをご紹介します!

 

 

1) 海外でも国内でもバリバリ使いたい人は、グローカルネット

まず1つ目は、グローカルネット
ここのサービスの特徴は、「クラウドSIM」という技術を導入することで、海外でも国内でも1台の端末で通信ができる点。

主には海外利用をする人をターゲットとしているのですが、国内利用だけでも十分に価値のあるサービスです。

・ソフトバンク+ドコモ回線に繋がるため、通信可能エリアが広い
・海外でも国内でも使える
・大容量バッテリー端末が選べる
・無制限プラン

 

グローカルネットのメリット

グローカルネットはクラウドSIMの技術により、接続する回線が自動で切り替わります。
基本的にはソフトバンク回線に繋がりますが、ソフトバンクが圏外のときはドコモの回線に繋がるんです。
したがって、通信エリアの広さは今回ご紹介するサービスの中でも1番です。

また、グローカルネットの場合、海外でも同じ端末をそのまま使えます。
海外に行く機会がある人にとっては、とても便利で、手間がかかりません。

さらに、国内プランについては、月間通信量が無制限のプランもあるので、毎日外でガッツリ使いたい人にも向いています。

 

そして、グローカルネットだけの大きな特徴がもう一つあります。
それは、大容量バッテリーを搭載した端末を選べること。

G3sという端末は、5,350 mAhのバッテリー容量で、連続使用可能時間がなんと15時間。
朝家を出てから、夜家に帰るまで、バッテリー残量を気にぜずに使えます。

いつでもどこでも、バッテリーも長持ちで常に使える、この安心感は他にはありません。

 

グローカルネットのデメリット

非常に使い勝手のいいグローカルネットですが、デメリットもあります。
それは端末は無償支給やレンタルではなく購入する必要があり、その分の初期費用がかかることです。

ただ、端末費用は最初に一括払いする他に、2年間の分割払いも対応しています。

グローカルネットの公式サイト

 

 

 

2) とにかく無制限に大容量通信をしたい人は、NOZOMI WIFI

NOZOMIWiFiもグローカルネット同様にクラウドSIMを利用したサービスです。
ただしこちらは国内に特化したサービス。

「クラウドSIMの機能を利用することで、本来は速度制限されるような大容量通信をした際にも、SIM情報を書き換えることで速度制限を回避することができる
というすごい仕組みです。

・ソフトバンク回線に繋がるため、通信可能エリアが広い
・クラウド上でのSIM入れ替えにより、本当に無制限を実現
・契約期間縛りなし

 

 

NOZOMI WIFIのメリット

NOZOMI WIFIの最大のメリットは、唯一、本当に無制限での使用を実現しているところ。

どのポケットWiFiも、無制限プランを謳っていながら、実際には使用している通信回線の制限が存在します。
「ソフトバンク回線であれば1日3GB」
「WiMAXであれば3日で10GB」
など。

NOZOMI WIFIも使っているのはソフトバンク回線。

しかしこのNOZOMI WIFIは、上述したように、通信回線の制限がかかった際には、クラウド上のSIM情報を書き換えることで、速度制限から回避できるという仕組みを実現しています。

 

しかも契約期間の縛りはなし。

 

通信量の多い方は、一度試しに使ってみるのもアリではないでしょうか。

 

NOZOMI WIFIのデメリット

いいとこばかりに見えるNOZOMI WIFIですが、デメリットは次の2つ。

ひとつは、サービス自体や会社の知名度が低く、ネット上の口コミも少ないという点。
サービス開始からの日が浅いようで、信頼できる情報源が少ないので、実際の良し悪しが判断つきかねます。

 

もうひとつは、今回ご紹介するポケットWiFiの中で比較すると、月額料金がちょっと高いこと。
無制限プランの場合、通常は月額5,980円。

ただし、本記事執筆時点ではキャンペーン価格が適用されるようで、月額4,480円になるので、これならアリかも。

NOZOMIWiFiの公式サイト

 

 

3) 大容量かつ自分にあったプランを選びたい人は、FUJI Wifi

無制限プランを打ち出している会社の中では、知名度が高いFUJIWifi

FUJI Wifiの特徴は、さまざまなプランが用意されていること。
今回フォーカスする「国内ルータープラン」の他に、「国内SIMプラン」や「国外ルータープラン」なんかもあります。

そして、「国内ルータープラン」の中にも、通信容量と回線ごとに6つのプランがあります。

基本はソフトバンク回線ですが、WiMAX回線を選択することもできます。

・プランを自分に合わせて選べる
・ソフトバンク回線に繋がるため、通信可能エリアが広い
・無制限プラン
・契約期間縛りなし

 

FUJI Wifiのメリット

FUJI Wifiのメリットは、自分に合わせたプランを選択できるところ。

「4G/LTE いつも快適プラン」という実質無制限のようなプランのほかに、200GB、100GB、50GB、25GBと幅広い通信量のプラン設定があります。
自分の通信量を把握している人にとっては、ちょうどいいプランを選びやすくなっています。

また、これらのプランはソフトバンク回線なので繋がるエリアが広いです。
月額料金をさらに抑えつつ大容量通信をしたい人には、「WiMAX2 + with au 4G LTE」というプランも用意されています。

どれも契約期間の縛りがないプランです。

 

FUJI Wifiのデメリット

FUJI Wifiについては、個人的に感じる大きなデメリットがひとつあります。
それは端末を選べないこと。

ソフトバンク回線の場合には、次の4種類の端末が提供されているようです。

・FS030W
・ARIA2
・304ZT
・501HW

FS030Wは連続通信時間が20時間と長くていいのですが、304ZTや501HWだと連続通信時間が9〜10時間程度と短いんです。
申し込んでみるまで、どの端末が送られてくるかわからないのはちょっとリスクがありますね。

 

もうひとつデメリットがあり、それは実質無制限の「4G/LTE いつも快適プラン」を選ぶと、月額料金が高いこと。
このプランだと月額6,000円です。

中長期での利用を前提とした、「おまとめ いつも快適プラン」というのを選択すると月額4,980円まで下げることができますが、その場合は約1年の継続利用が必須となります。

 

FUJIWifiの公式サイト

 

 

4) 広い通信エリアで無制限、でも安く抑えたい人は、SAKURAWifi

次にご紹介するSAKURAWiFiは、
広い通信エリアで無制限プラン、それなのに料金は安い
というサービスです。

使っている回線は、WiMAXではなくソフトバンク。
なので通信可能エリアが広くて安心。

契約期間の縛りがなく、ソフトバンク回線の通信量無制限プランが月額3,680円って、めっちゃ安いです。

・ソフトバンク回線に繋がるため、通信可能エリアが広い
・無制限プラン
・契約期間縛りなし
・それなのに圧倒的に安い

 

SAKURAWifiのメリット

SAKURAWifiのメリットは上述した1点につきます。

格安大容量通信のポケットWiFiといえばWiMAX。
WiMAXの弱点は、ビルの中などで圏外のエリアが多いこと。
SAKURAWifiは、WiMAX回線でなく、通信エリアの広いソフトバンク回線を使えます。

通信量無制限プランで月額3,680円。
(通常価格は月額4,500円のようです)

月額3,680円でソフトバンク回線を使い放題って、めっちゃ安いです。

 

しかも契約期間の縛りがありません。

 

SAKURAWifiのデメリット

そんなダントツに安い無制限プランを提供しているSAKURAWifiですが、デメリットも2点あります。

ひとつは端末を選べないこと。
次の5種類の端末が提供されているようです。

304ZT
501HW
601HW
602HW
ARIA2

これについては、格安の月額料金の代償として割り切るしかないですね。

 

もうひとつ、デメリットというか注意点としては、初期費用が高いこと。
契約事務手数料:3,980円と付加機能使用量:4,980円、計8,960円が初期費用としてかかります。

ある程度の期間使うことを想定すると、これらを払ってもまだ安いですけどね。

 

SAKURAWifiの公式サイト

 

 

5) 無制限でとにかく安く抑えたい人は、SPACE Wi-Fi

SPACE Wi-Fiは今回ご紹介する「無制限プラン」としては最安値。

月額料金が3,680円。
初期費用も解約手数料も端末代金もすべて0円。
契約期間の縛りもありません。

最安値保証を強く売り出しているサービスです。

通信量は多いから無制限プランにしたいけど、費用はとにかく安く抑えたいという人に向いています。

 

ただし、注意点として、WiMAX端末かソフトバンク端末かを選べないということが挙げられます。

上にも書きましたが、それぞれの速度制限基準は、以下のように異なります。
WiMAX端末→3日間10GBで翌日夜の通信制限
ソフトバンク端末→1日3GBで当日通信制限

・民泊用Wi-Fi商品としての最安値保証
・契約期間縛りなし
・無制限プラン

 

SPACE Wi-Fiのメリット

SPACE Wi-Fiのメリット、とにかく安いということ。
公式ウェブサイトでも、最安値保証について以下のように謳っています。

最安値保証について2019年2月1日時点でGoogle/Yahooにおいて「民泊 wifi」と検索した際の検索結果上位10件に含まれるすべての民泊用Wi-Fi商品と比較し、契約から2年間利用して解約した際までの「総費用」が最安値であることをお約束いたします。

WiMAXかソフトバンクかといった通信回線のこだわりがなく、大容量通信をしたい人にとっては非常にいい選択ですね。

また、WiMAXのように契約期間の縛りがない点も非常に嬉しいところ。

 

SPACE Wi-Fiのデメリット

SPACE Wi-Fiの最大のデメリットは、WiMAXかソフトバンクか、選択できない点。
WiMAXを使いたくなくて、他のポケットWiFiを探している人にとってはおすすめできません。

ただ、公式ウェブサイトには以下のような記述がありますので、回線の希望はある程度受け付けてもらえる可能性がありそうです。

Speed Wi-Fi NEXT04(WiMAX)、Mobile Wi-Fi E5383s(Softbank)どちらかの端末をお届けいたします。電波状況等の理由により端末にご希望がございましたら、お申込完了後にサポートセンターまでご連絡ください。

*ちなみに別会社の「民泊Wi-Fifamifi」というサービスも当初比較対象としていました。
ただし、SPACE Wi-Fiと提供サービスが非常に似ており、かつ費用は少し高いということで、今回の紹介対象から外しました。
(月額3,980円、初期費用3,000円、解約手数料5,000円)

 

SPACE Wi-Fiの公式サイト

 

 

6) 広い通信エリアで安く抑えて、電池持ちも気にしたくない人は、NEXTmobile

最後はNEXTmobile
今回ご紹介するサービスの中で唯一、無制限プランを提供していません。

それなのに比較対象に加えたのには理由があります。

コストを含めて1番バランスがよく、使い勝手に優れているんです。

・ソフトバンク回線に繋がるため、通信可能エリアが広い
・端末のバッテリー持ちがいい
・安い

 

NEXTmobileのメリット

NEXTmobileは、ソフトバンク回線を使用しているので繋がるエリアが広いです。

 

さらに嬉しいポイントは、端末が決まっている点。
具体的には、富士ソフトのFS030Wという機種。
これがなかなか優れており、128gと軽量なのに、連続通信時間が最大20時間ととても長い。

せっかく大容量が使えるポケットWiFiでも、端末のバッテリー持ちが悪いと、結局使い勝手が悪くなってしまいます。

無制限ポケットWiFiでありがちな
・回線が指定できない
・端末が指定できない
といったリスクがないんです。

 

それなのに月額料金が安い。

 

NEXTmobileのデメリット

非常にバランスのとれたNEXTmobileですが、デメリットは次の2つ。

ひとつめは、無制限プランがないこと。
月間の最大容量が50GBです。
50GBでもかなりの容量なので多くの人には十分だと思います。
でも、これよりも大容量の通信を予定している人には向いていません。

また、**NEXTmobileは契約期間が2年**と定められています。
短期間での解約を想定している人はやめておきましょう。

 

NEXTmobileの公式サイト

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

それぞれの使い方に合わせたおすすめのポケットWiFiを改めて整理します。

・海外でも国内でもバリバリ使いたい人は、グローカルネット
・とにかく無制限に大容量通信をしたい人は、NOZOMIWiFi
・大容量かつ自分にあったプランを選びたい人は、FUJIWifi
・広い通信エリアで無制限、でも安く抑えたい人は、SAKURAWiFi
・無制限でとにかく安く抑えたい人は、SPACE Wi-Fi
・広い通信エリアで安く抑えて、電池持ちも気にしたくない人は、NEXTmobile

ぜひ自分の使い方に合わせたサービスを選んでみてください。

それでは〜。

あわせて読みたい
【比較】クラウドSIMのモバイルWiFiルーターを徹底比較。実際どれが使えるか?どーも、ちゃた(@chatalog13)です。 最近たまに耳にするようになった「クラウドSIM」。 海外に行く機会がある人にとってはとて...