ちゃたログ

【書評・読書感想】生涯投資家(村上世彰)

村上ファンドの村上世彰氏。
本書はその村上世彰氏の投資信念・半生を綴った自伝です。
村上世彰氏の投資に対する考え方や過去の投資案件の経緯などが書かれています。

村上世彰氏は2006年ころまではメディアによく出ていたので、あなたも顔は思い浮かぶんじゃないでしょうか。
なんとなく悪い人ってイメージがありますよね。 でも、それはまったくの誤解でした。

メディアの取り上げ方が悪かっただけであって、村上世彰氏は世間で思われているような悪い人じゃない、そんなことがよくわかった一冊です。



生涯投資家 の概要

本書で印象的だった内容は次の通りです。

村上世彰氏の投資へのスタンス

村上世彰氏の投資へのスタンスが書かれています。
単なる金儲けをしたいだけの人じゃない、しっかりとした自分の軸を持っている人だということがよくわかります。

村上世彰氏の投資への考えは、
保有している資産に比して時価総額が低い企業に投資する
という極めてシンプルなスタンスです。

決して、メディアで報道されてきたように敵対的買収を仕掛けてきた訳ではなく、高値で売り切るだけという訳でもありません。
株主の立場から、企業価値を高める方策を真っ当に経営陣に訴えていただけなんです。


村上世彰氏の考える「コーポレート・ガバナンス」の重要性

コーポレート・ガバナンスとは、

投資先の企業で健全な経営が行なわれているか、企業価値を上げる=株主価値の最大化を目指す経営がなされているか、株主が企業を監視・監督するための制度

です。
「株主と向き合わず」「経営者が保身に走り」「株主価値を鑑みない」放漫経営の会社をどのように立て直していくか、
ニッポン放送や西武グループ、阪急グループへの投資事例を挙げながら説明されています。

ニッポン放送株をめぐるインサイダー事件の裏側

ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引の疑惑で逮捕・有罪判決を受けた村上世彰氏。
この事件の本当の経緯が細かく書かれています。
あくまでも村上世彰氏の私見ではありますが、信用し得る、この部分だけでも一読の価値がある記述です。

メディアの報道がいかに偏っていたか、実感させられます。

元ライブドア堀江貴文氏との間柄

村上世彰氏は、投資活動を通じて様々な業界の経営者と付き合いがあります。
最近の有名ドコロだと、GMOの熊谷氏、楽天の三木谷氏、サイバーエージェントの藤田氏などなど。
その中でも、元ライブドアの堀江貴文氏との意外な関係の記述が興味深いです。

生涯投資家 の面白いポイント

村上世彰氏に対する印象が180度変わる

本人の自著なので、100%信用するかどうかという問題はありますが、ボクは少なくとも
「村上世彰氏は悪い人ではない」と確信しました。


むしろ、日本のことを真剣に考えている素晴らしい投資家です。
そのことがよくわかる、これまでの投資案件の背景を理解することができます。

メディアは恐い。メディアの報道の仕方ひとつで、1人の人間の人生をメチャクチャにしてしまえる。
こんな優秀で素晴らしい信念をお持ちの方を悪人扱いしてしまう日本という国は、どうかしているとまで感じています。

上場企業の本来あるべき姿が理解できる

企業が上場するということはどういうことか
上場企業が目指すべき姿
こういったことはこれまで誰も教えてくれませんでした。

村上世彰氏の教えはとても興味深いです。
株式市場ってホントはこうあるべきなのか、と考え直させられました。
上場企業の経営者や従業員の方には是非読んでほしい内容です。


最後に

「出る杭は打たれる」
まさにこの言葉が当てはまってしまったのが村上世彰氏です。

でも今のグローバル社会、日本だけがそんなしょーもない考え方で優秀な人間・素晴らしい考えを葬り去ってしまっていいんでしょうか。

第2の村上世彰氏のような人が現れたときには、足を引っ張るのではなく、日本全体でバックアップすべきと思います。
それくらい、日本の国にとって重要な才能の持ち主です。

あなたもこの本を読んで、ご自身で感じてもらえればと思います。


それでは〜。

海外出張、特に米国ではUberが欠かせなくなってきた話

どーも。虚弱系ビジネストラベラー、ちゃたです。

最近の米国出張ではUberを使い倒しています。
とにかくメッチャ便利、これなしでは動けない、っていうくらい必須なツールとなっていますので、今回あらためてご紹介します。



今さら聞けない、Uberって何?

Uberってなんだか話題になってたけど、使ったことないし、よく知らないって人も多いかと思います。

Uberとは、簡単にいうと、スマホでタクシーを呼べるサービスです。
タクシーといっても、普通のタクシーではなく個人の車です。
Uberに登録されている一般人が自家用車に乗せてくれるんです。

「え、個人の車?」「なんかトラブルがありそうで怖い」
と不安に思う人もいると思いますが、ここらへんの懸念を含めてうまく構築されているのがUberの仕組みです。
ドライバーと客、それぞれ相互評価の仕組みを取り入れているんです。
乗車後に、スマホアプリで星5つの評価をします。
評価が記録されるので、ドライバー側はいいサービスを心がけますし、客側のマナーも悪くならない、という優れたシステムなんです。

このUber、米国発祥ですが、今は世界中にビジネスを拡げています。
現在、世界632都市で配車をしています。
とはいっても、事業がうまくいってない国もあり、中国なんかは結局「滴滴出行」(ディーディー)に事業を売却するという形となり、Uberのサービスは撤退しています。

国によって事業の拡げ方が異なっているので、渡航先の国・都市で使えそうかどうかは、事前に調べて行ったほうがいいかなと。


実際に今回も使ってみた

さて、使い方です。
まずはUberのiPhoneアプリやAndroidアプリをダウンロードし、ユーザー登録します。
支払いはクレジットカード決済になり、カード情報の登録が必要です。


事前登録さえ済ませてしまえば、あとは簡単です!
ピックアップしてほしい場所、行き先をUberアプリの地図上で指定するだけです。


f:id:chata13:20171031180253j:plain

そうすると、このように近くにいるドライバーが決まり、迎えに来てくれます。


Uberアプリ上でその車の動きがわかるので、ほぼリアルタイムで車が来たかどうかわかります。


到着予定時間や予想所要金額なども表示されます。


f:id:chata13:20171031180256j:plain

また、ドライバーの顔写真・名前・車種・ナンバーなどの情報も確認できます。
ドライバーの過去の評価点も確認できるので、あまりにも低くて心配だなと思えば、このときにキャンセルしてしまえばOKです。


f:id:chata13:20171031180259j:plain

乗車の際は、お互いの名前を確認しあえばOKです。


Uberのいいところ

カンタンに自分のいる場所に呼べる

アプリ上の地図で指定するだけ、超カンタンです。
通常のタクシーを呼ぶ場合、自分のいる場所を英語で説明しなくてはならない、これはかなりハードル高いです。
そもそもどうやってタクシーを呼べるのか、分からない国も多いです。


行き先も地図で指定できるので、言葉が話せなくてもOK

これも大きいです。
目的地がホテルや空港なんかだと簡単ですけど、有名でない場所に行くときは説明が難しい。
国によりますが、住所を伝えてもわからないドライバーも多いです。
自分の目的地をアプリ上でピンポイントで指定できるのは助かります。


支払いがカンタン。チップなしでOK。

支払いはUberのアプリ上で完結し、ドライバーとの現金やカードのやり取りは一切ありません。
チップを渡す必要もなし!(アプリ上でチップをあげることも可能)
米国のチップ事情がよくわからない日本人にとってはありがたいです。

また、主に発展途上国ではタクシー料金のボッタクリなんかもありますが、Uberであればぼったくられる心配もゼロ。


安い

今回利用した区間では、通常のタクシーだとチップ込みでUSD25程度ですが、UberだとUSD17くらいでした。
チップなしで比較しても、明らかにタクシー相場より安いことがほとんどです。


ドライバーの質がいい

相互評価システムを取り入れているからだと思いますが、嫌な感じのドライバーはあまりいません。
これまで10回以上使いましたが、みんないい人でした。
通常のタクシーだとかなりの確率で嫌な感じのドライバーがいるんですけどね。


Uberの悪いところ

まれに英語が必要になる

まれにですが、場所がわかりにくいところだと、Uber経由で電話やSMSがきたりします。
SMSなら対応できるかもしれませんが、いきなり英語で電話がかかってくると困る人もいるかもしれません。

他、いろいろデメリットを考えてみましたが、特にこれといって思いつきません。

神サービスです。


Uberは日本では使えないの?

残念ながら日本ではほぼ使えません。
都内限定?で高級ハイヤーみたいなのであれば一部使えるみたいですが、台数も少なく、あまり使い勝手はよくなさそうです。
そもそも都内であればタクシーを捕まえるほうがカンタンです。

Uber側としても、日本でも色々とテストなどを行っていますが、規制の壁を超えるのが難しいようです。
タクシー業界の猛反発をくらっているんですね。
ユーザーの利便性を最優先にしてほしいもんです。



まとめ

国によりますが、海外出張時には超便利!

安い、早い、安全、確実!
ほぼデメリットが見当たりません。使わない理由がない。


まずは登録して、ぜひ一度使ってみて下さい。

それでは~。


ANA国際線の機内Wi-Fiサービスって?実際の使い勝手は?

どーも。虚弱系ビジネストラベラー、ちゃたです。

飛行機の機内WiFiサービス、最近よく目にしますね。
数年前からサービスが始まっていたのは知っていましたが、これまではあえて利用してきませんでした。

最近になってかなり世間に浸透してきた感がありますが、
「実際問題どれくらい快適に使えるのかな〜」
と疑問に思い、今回ふと思い立って利用してみました。

実際に使ってみた感想としては、
「割り切った使い方なら便利、でもボクは今後しばらくは使わないな」
という結論です。



ANA Wi-Fiサービスとは?

ANA Wi-Fiサービスとは、飛行機の機内でWiFiに接続できるサービスです。
2013年頃からサービスが開始されたようです。
(JALなども似たようなサービスを提供しています。)

時間とデータ通信量により、料金プランがわかれています。

最も安いプランがUSD4.95。30分、15MBまで。
真ん中のプランがUSD8.95。1時間、30MBまで。
一番高いプランがUSD19.95。フライト中ずっと、100MBまで。

これを見てわかるように、通信量制限がけっこう低めに抑えられています。

あまりヘビーな使い方には向いておらず、メールやSNS、軽いブラウジング程度の使い方を想定されている感じです。


実際に接続してみた

今回、米国シカゴ行きの便で実際に使ってみました。
機材はボーイング777-300です。

離陸して5分ほどすると機内WiFiに接続可能になります。
接続すると、各種プランの画面になりますので、好きなプランを選択して申込みしていく流れです。


f:id:chata13:20171027223528j:plain

f:id:chata13:20171027223531j:plain

ここでクレジットカードでの支払いが必要になりますので、カード番号・有効期限・セキュリティコードは手元で確認できるようにしておいた方がいいです。


f:id:chata13:20171027223535j:plain

申込・クレジットカード決済が完了したらすぐに使えるようになります。

f:id:chata13:20171027223538j:plain


通信速度と通信量制限はどうなのか?

通信速度はかなり遅いです。
現在の日本の4G通信や光通信、ADSLに慣れているとメチャクチャ遅く感じます。
テキスト程度であれば問題ありませんが、画像や動画などの通信には明らかに向いていません。
ウェブサイトも重めのものは開くのに何十秒も待たされます。

通信速度の問題に加えて、利用可能な通信量が決まっているのも不便な点です。
1番安いプランの15MBなんてあっという間です。
普段のような使い方をすると、間違いなくストレスが溜まりますし、実用に耐えられないです。
最低限の使用と割り切って使ったほうがいいです。

ちなみに1申込で複数機器で接続することはできますが、同時接続はできません。

インターネットに繋がらないというのは貴重なこと

今回、機内でセコセコと不便なネットに接続して感じたことがあります。
こんな通信環境の悪い空間で無理にネットに繋がる必要ってあるのかな?

忙しい現代人にとって、インターネットに繋がらない飛行機という空間は、逆に貴重なんですよね。
インターネットに繋がらないからこそ、普段は集中してできないことに没頭できます。
たとえば読書とか映画鑑賞とか。

幸い、まだまだ「飛行機に乗っている間は電波が届かない」という共通認識が世間一般にあります。
この共通認識に甘えて、飛行機での移動時間くらいは、何かに没頭するのが賢い時間の使い方じゃないでしょうか?
中途半端にネット接続しちゃうのはもったいないです。

まとめ

飛行機の機内WiFiサービスは、通信速度が遅く、通信量制限もあるため、割り切った使い方をおすすめします。
どうしてもメールを送りたい、SNSを使いたい、という人以外には正直オススメしません。
ボクは当面は使わない予定です。

逆に今回、インターネットに繋がらない空間の貴重さをあらためて実感しました。
あなたはこの貴重な時間をどう有効活用しますか?

それでは~。


欧州行くならヘルシンキ乗継がおすすめ!ただしフィンランド航空の座席指定は有料なので要注意

どーも。虚弱系ビジネストラベラー、ちゃたです。

ヨーロッパに行くとき、あなたはどの航空会社を使っていますか?
色々選択肢がありますが、実はヘルシンキ乗り継ぎのフィンランド航空がかなりオススメなんです。(理由は後述します)

ところが、最近フィンランド航空のチケットを購入したところ、購入時に座席指定ができず、チケット発券後にウェブサイトで座席指定する仕組みになっていました。

ちょっと戸惑いましたので、今回はその体験談を記載します。



フィンランド航空はヨーロッパ渡航に最適

フィンランド航空(フィンエアー)って使ったことありますか?
馴染みがない人も多いかもしれませんが、実はかなり使える航空会社なんです。

フィンランドにピンポイントで行く予定がある人ってそんなに多くないでしょうけど、欧州に行く場合にヘルシンキ乗継っていう選択肢があります。
これ、オススメです。

なぜならヘルシンキまでの飛行時間って他の欧州の都市へのフライト時間より、かなり短いんです。
日本から欧州へのフライトは、ロシア上空、イメージするよりもかなり北を飛んでいきます。
そのため、ヘルシンキっていうのは欧州の主要都市の中で最も日本から近いところに位置するんです。
意外ですよね。

だからフライト時間は成田→ヘルシンキで10時間20分ほど、帰りのヘルシンキ→成田だと10時間を切ります。
例えばパリ行きだと12時間30分、フランクフルト行きも12時間、といった感じなので、ヘルシンキまでだと2時間くらい短いんですね。

まーパリやフランクフルトなんかの直行便がある都市が最終目的地の場合は、素直に直行便に乗るのが楽です。
でも、どっちにしても乗り継ぎしなきゃいけないような都市が目的地であれば、ヘルシンキで乗り継いだ方が、日本からの長時間フライトの苦痛が多少マシになります。

どうでもいいですが、フィンエアーの機内食では、紙ナプキンとかがmarimekko柄になっていたりします。
ちょこっとシャレてます。


ちなみにヘルシンキ便はフィンエアー以外にも、JALが力を入れています。


フィンランド航空の座席指定は有料?公式ウェブサイトから指定が必要

さて、本題です。

このフィンランド航空、最近チケットを購入したんですけど、購入時に座席指定ができませんでした。
購入後に、自分でウェブサイトから座席指定しないといけないんです。
しかもこれ有料。

お金を払わないと座席指定ができないんです。

(よくよく調べてみると、座席指定ができないのはエコノミークラス、その中でも割引運賃での購入の場合のようです。
正規運賃の場合は指定できるっぽいです、そもそもチケット代が高いけど。)

まーその分チケット代が安くなっていると考えれば合理的ではありますが。
会社の経費の場合、座席指定代まで会社に出してもらえるのか、ビミョーな問題もありますけど。。


気になる座席の種類と料金は?

で、気になるのは座席指定の料金ですが、普通に通路側を指定するだけなら22ユーロです。

でも実はこの指定料金、座席の場所によって料金が異なるんです。

最前列席は42ユーロ
レッグルームシート(非常口座席)は62ユーロ
エコノミーコンフォートは70〜90ユーロ

となっています。
(エコノミーコンフォートってのは前後の幅が少し広い席です。プレミアムエコノミーみたいな感じかな。)

なかなかヤラシイというか、合理的というか、いい線ついてくる価格設定だなーと思います。
「通路側は最低指定したいな」
「でももうちょっと出せば最前列で足を伸ばせるのか」
「うーんどうしよう」
ってな感じで迷っちゃいます。


実際にウェブサイトから座席指定してみた

座席指定はフィンランド航空の公式ウェブサイトから行います。
特に会員登録とかはしなくても、チケット番号と名前を入力すれば、座席指定に進めます。
結構洗練されているウェブサイトなので、操作はカンタンです。

f:id:chata13:20171021110848p:plain
シートマップから空いている好きな席を選択できます。
選択後に支払い手続きですが、支払方法はクレジットカードです。
これだけのためにカード情報を入力するのは気が進みませんが仕方ありません。


特別なケースでは無料で座席指定が可能

今回、座席指定が完了してから気づいたんですが、特別なケースでは無料で座席指定できます。
フィンエアーやoneworldの上級会員の場合ですね。

oneworldの場合、サファイヤ会員以上なら無料指定可です。

通常、上級会員の場合、航空券購入時にマイレージ番号が登録されれば、ウェブサイト上で無料で座席指定できるようになります。

ボクはoneworldのサファイヤ会員なんですが、今回たまたまマイレージ番号の登録に漏れがあり、またこの優遇制度を知らなかったので、支払手続きまで進んでしまいました。
でも実際には最終的にマイレージ番号で識別され、結果的にはカードで引き落とされず無料で座席指定ができました。
こんなところで恩恵を受けられるとは、ラッキーでした。

上級会員の人にとっては、よくよく考えるとすごくありがたい制度を取り入れてくれたな〜と思います。
事前座席指定に有料の壁があると、事前指定まではしない人も多いと思います。
その分、上級会員の人は好きな席を指定しやすくなるはず。
f:id:chata13:20171021110950j:plain


まとめ

ウェブサイトのみでの座席指定という仕組み、最初は面食らいましたが、実はよく考えられたシステムです。
上級会員やビジネスクラス、正規運賃での購入者は優遇し、これらの人がいい席を選択しやすくするように、
かつ割引運賃で購入した人でもお金さえ払えば席を選択できる、
ある意味平等で合理的な仕組みですよね。
なんかフィンランドらしい気がします。

フィンエアー、なんだかんだで結構オススメです。
ヨーロッパ行く機会にはぜひチェックしてみてください。

それでは~。